神永 学   (1974-)

神永 学(かみなが まなぶ、1974年 - )は、日本の小説家。 山梨県出身。 自費出版した『赤い隻眼』が話題を呼び、2004年10月『心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている』(『赤い隻眼』の改題)でプロデビュー。 日本推理作家協会、日本文藝家協会、会員。 [経歴] 山梨県南巨摩郡増穂町(現富士川町)出身。 映画監督を目指し、山梨県立白根高等学校を卒業後、日本映画学校(現日本映画大学)に入学。 同期に脚本家の丸茂周などがいる。 映画学校卒業後、制作進行として働き始めるが、家庭の事情で断念。 一般企業の人事総務担当として勤務を始める。 この頃から、小説の執筆を始める。 仕事の合間に書いた小説を、様々...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カミナガ マナブ
人物別名 神永学
生年 1974年
没年 -
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
血縁の理 - 集英社
2020.2
浮雲心霊奇譚 : 白蛇の理 神永学著 集英社
2020.2
沈黙の予言 神永学[著] Kadokawa
2020.3
魂の深淵 神永学著 Kadokawa
2020.6
心霊探偵八雲COMPLETE FILES 神永学著 Kadokawa
2020.6
菩薩の理 神永学著 集英社
2019.2
魂の道標 神永学著 Kadokawa
2019.3
魂の代償 神永学著 Kadokawa
2019.3
月下の三猿 神永学作 ; ひと和絵 Kadokawa
2019.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想