塩原 勉   (1931-)

塩原勉(しおばら つとむ、1931年2月23日- )は、日本の社会学者、大阪大学名誉教授。 [来歴] 1955年京都大学文学部卒、61年同大学院博士課程満期退学、城戸賞受賞、62年関西学院大学社会学部専任講師、65年助教授、69年奈良女子大学助教授、72年千葉大学教授、76年大阪大学人間科学部教授、82年評議員、90-92年人間科学部長、94年定年退官、名誉教授、甲南女子大学教授、2001年退職。 98年秋、紫綬褒章受章。 [著書] 『組織と運動の理論 矛盾媒介過程の社会学』新曜社 1976 『社会学の理論 1』旺文社 (ラジオ大学講座) 1984 『社会学の理論 2』放送大学...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シオバラ ツトム
人物別名 塩原勉
生年 1931年
没年 -
職業・経歴等 社会学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
生駒の神々 : 現代都市の民俗宗教 宗教社会学の会編 創元社
2012.3
リーディングス日本の社会学 塩原 勉;井上 俊;厚東 洋輔【編】 東京大学出版会
1997.2
岩波講座現代社会学 井上俊 ほか編 岩波書店
1996.8
交換と権力 : 社会過程の弁証法社会学 ピーター・M.ブラウ 著 ; 間場寿一 ほか共訳 新曜社
1996.5
転換する日本社会 : 対抗的相補性の視角から 塩原勉 著 新曜社
1994.3
新社会学辞典 森岡清美 ほか編 有斐閣
1993.2
ターミナル家族 : 家族のゆらぎと新たな起点 石川実 ほか編著 NTT
1993.4
岩波講座宗教と科学 河合隼雄 ほか編 岩波書店
1992.10
宗教行動と社会的ネットワーク : 現代日本におけるネットワークの研究 研究代表者塩原勉 塩原勉
1992.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想