榛葉 英治   (1912-1999)

榛葉 英治(しんば えいじ、1912年10月21日 - 1999年2月20日)は、日本の小説家である。 [来歴・人物] 静岡県掛川市生まれ。 早稲田大学英文科卒業。 満州国外交部に勤める。 敗戦後引き揚げ、仙台市の東北連絡調整事務局に勤務したが、1948年、辞職、上京して創作活動に専念、多くの通俗小説を書く。 初期作品に『渦』『淵』『流れ』三部作がある。 1958年の『赤い雪』は敗戦時の満洲の混乱を描き、直木賞受賞。 [著書] 蔵王・蘇える女 東京文庫, 1951 女人開花 鱒書房(コバルト新書) 1955 渦・淵・流れ 近代生活社, 1956 赤い雪 和同出版社, 1958 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シンバ エイジ
人物別名 榛葉英治
生年 1912年
没年 1999年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
史疑徳川家康 [村岡素一郎] [原著] ; 榛葉英治 著 雄山閣
2008.7
奔れ晋作! 榛葉英治 著 廣済堂
2001.11
釣魚礼賛 榛葉英治 著 ; 楠山正良 編 つり人社
1999.1
釣魚礼賛 榛葉英治 著 ; 楠山正良 編 つり人社
1999.5
諸葛孔明がゆく 榛葉英治 著 歴思書院
1996.10
川釣り礼賛 榛葉英治 著 平凡社
1995.11
新説徳川吉宗伝 榛葉英治 著 ベストセラーズ
1994.11
八十年現身の記 榛葉英治 著 新潮社
1993.10
女院徳子の恋 榛葉英治 著 日本経済新聞社
1992.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想