鮎川 義介   (1880-1967)

山口生まれ。実業家、政治家。明治36年(1903)東京帝国大学を卒業後、芝浦製作所の職工となり、渡米し可鍛錬鋳造技術を研究。帰国後、井上馨の支援を受け戸畑鋳物を創設。昭和3年(1928)久原鉱業の社長に就任し、同社を日本産業と改称。以後多数の企業の吸収を繰り返し、日産コンツェルンを確立した。12年(1937)満州に進出し、日産本社を満州重工業開発と改称。帰国後は東条内閣顧問となる。戦後A級戦犯容疑により拘置。釈放後、28年(1953)から34年(1959)まで参議院議員となる。

「近代日本人の肖像」より

Wikipedia「鮎川義介

「青空文庫」より

鮎川 義介(あいかわ(本名は「あゆかわ」 ) よしすけ、1880年〈明治13年〉11月6日 - 1967年〈昭和42年〉2月13日)は、日本の実業家、政治家。 日産コンツェルン創始者。 満州重工業開発株式会社総裁、貴族院議員、帝国石油株式会社社長、石油資源開発株式会社社長、参議院議員などを歴任した。 [生涯] 明治の元勲・井上馨の姪を母とし、旧長州藩士・鮎川弥八(第10代当主)を父として、山口県氷川郡大内村(現在の山口市大内地区)に生れた。 旧制山口高等学校を経て、1903年(明治36年)に東京帝国大学工科大学機械科を卒業。 芝浦製作所に入社。 身分を明かさない条件で日給48銭の職工となる。...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アユカワ ヨシスケ
人物別名 鮎川義介

Aikawa, Yoshisuke
生年 1880年
没年 1967年
職業・経歴等 実業家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
墨戯集 [鮎川義介画] 鮎川弥一
[1967]
私の履歴書 鮎川義介[著] 者不明
[1965.3]
百味箪笥 : 鮎川義介随筆集 鮎川義介 著 ; 愛蔵本刊行会 編 愛蔵本刊行会
1964
五もくめし : 随筆 鮎川義介 著 ダイヤモンド社
1962
燕の洋食器問題 鮎川義介 著 全国中小企業団体中央会特別事業局
1959.3
私の人生設計 鮎川義介 著 大蔵
1955
私の考え方 鮎川義介 述 ; 友田寿一郎 編 ダイヤモンド社
1954
鮎川義介縦横談 友田寿一郎 編 創元社
1953
輸出品關係の中小企業助成計畫 鮎川義介 著 鮎川義介
1952.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想