清水 正徳   (1921-2004)

清水 正徳(しみず まさのり、1921年 - 2004年3月7日)は、日本の哲学研究者、神戸大学名誉教授。 京都府京都市生まれ。 東北帝国大学哲学科卒業。 神戸大学助教授、教授、1984年、定年退官、名誉教授、大阪学院大学教養部教授。 マルクスの疎外論を研究。 2004年3月7日、病気のため京都市東山区の病院で死去。 83歳没。 [著書] 自己疎外論から「資本論」へ 「労働の疎外」と「労働力の商品化」 戦後思想叢書編集委員会 1966 人間疎外論 1971 (紀伊国屋新書) 働くことの意味 1982.4 (岩波新書) [共編著] 女子学生への手紙 小島輝正,田口寛治共著 青春出版社 195...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シミズ マサノリ
人物別名 清水正徳
生年 1921年
没年 2004年

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
人間疎外論 清水正徳著 NetLibrary
2006
自己疎外論から『資本論』へ 清水正徳 著 こぶし書房
2005.11
ヘーゲル論理学の体系 武市健人 著 ; 清水正徳 編・解説 こぶし書房
1995.6
人間疎外論 清水正徳 著 紀伊国屋書店
1994.1
思想と人間 : 市民社会の動きにそって 船山信一 ほか編 福村
1985.6
宇野弘蔵の世界 清水正徳, 降旗節雄 編 有斐閣
1983.8
働くことの意味 清水正徳 著 岩波書店
1982.4
人間疎外論 清水正徳 著 紀伊国屋書店
1982.2
ヘーゲル法哲学 : その成立と構造 マンフレッド・リーデル 著 ; 清水正徳, 山本道雄 訳 福村
1976
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想