清水 博   (1932-)

清水 博(しみず ひろし、1932年 - )は日本の科学者。 東京大学名誉教授、NPO法人「場の研究所」所長。 薬学博士。 専門は、生命科学、場所論。 諸学の統合的視点から生命を解明するバイオホロニクス(生命関係学)の研究に取り組んでいる。 [人物・来歴] 1932年愛知県瀬戸市生まれ。 愛知県立瀬戸高等学校を経て、1956年東京大学医学部薬学科卒業。 同大学院化学系研究科修了。 九州大学理学部教授、東京大学薬学部教授などを歴任。 1993年、東京大学を退官し、金沢工業大学情報工学科教授として「場の研究所」を設立。 [著書] 『生命を捉えなおす――生きている状態とは何か』(中央公論社 中公...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シミズ ヒロシ
人物別名 清水博
生年 1932年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
〈いのち〉の自己組織 清水博 著 東京大学出版会
2016.2
場の思想 清水博 著 東京大学出版会
2014.9
〈いのち〉の普遍学 清水博 著 春秋社
2013.7
近代文明からの転回 清水博 著 晃洋書房
2013.8
コペルニクスの鏡 清水博 著 平凡社
2012.3
「統合学」へのすすめ : 生命と存在の深みから : 文明の未来、その扉を開く 統合学術国際研究所 編 晃洋書房
2007.1
なぜ情報を研究するか ; バイオホロニクスに出会うまで 清水博 場の研究所
2004.10
場の思想 清水博 著 東京大学出版会
2003.7
場と共創 清水博 編著 ; 久米是志, 三輪敬之, 三宅美博 共著 NTT
2000.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想