清水 幾太郎   (1907-1988)

清水 幾太郎(しみず いくたろう、1907年7月9日 - 1988年8月10日)は、日本の社会学者、評論家。 [略歴・人物] 東京市日本橋区(現在の東京都中央区)の竹屋の息子として生まれる。 祖父は江戸幕府旗本であった。 獨協中学、旧制東京高校を経て、東京帝国大学文学部社会学科卒業。 在学中からオーギュスト・コントの研究にいそしむ。 中学時代にドイツ語を学んで堪能であったが、フランス語は大学時代に習得。 180cmを越える長身であった。 大学卒業後、1931年東京帝国大学社会学研究室副手、1932年「唯物論研究会」幹事、1938年「昭和研究会」文化委員、1939年東京朝日新聞社学藝部専属、1...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シミズ イクタロウ
人物別名 清水幾太郎
生年 1907年
没年 1988年
職業・経歴等 評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
政治の本質 マックス・ヴェーバー, カール・シュミット 著 ; 清水幾太郎 訳 中央公論新社
2017.10
文化社会学基本文献集 吉見俊哉 監修 日本図書センター
2014.1
オーギュスト・コント 清水幾太郎 著 筑摩書房
2014.7
愛国心 清水幾太郎 著 筑摩書房
2013.1
ローザ・ルクセンブルク選集 ローザ・ルクセンブルク [著] 現代思潮新社
2013.9
ローザ・ルクセンブルク選集 ローザ・ルクセンブルク [著] 現代思潮新社
2013.9
ローザ・ルクセンブルク選集 ローザ・ルクセンブルク [著] 現代思潮新社
2013.9
ローザ・ルクセンブルク選集 ローザ・ルクセンブルク [著] 現代思潮新社
2013.9
清水幾太郎 : 私の心の遍歴 清水幾太郎 著 日本図書センター
2012.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想