嘉山 孝正   (1950-)

嘉山 孝正(かやま たかまさ、1950年2月19日 - )は、日本の医師。 現在は、国立がん研究センター名誉総長、山形大学学長特別補佐、山形大学医学部脳神経外科学講座教授。 専門は脳神経外科学(とりわけ脳腫瘍)。 山形大学医学部および附属病院の改革者として名を馳せ、2010年4月からは独立行政法人化した国立がん研究センター(旧国立がんセンター)の初代理事長を務め、短期間のうちに組織改革を断行し成果を上げた。 さらに、近年では、日本の医療政策に関して積極的な発言を行っており、2009年10月からは中央社会保険医療協議会(中医協)委員も務め、2013年9月からは日本脳神経外科学会の第4代理事長に就...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カヤマ タカマサ
人物別名 嘉山孝正
生年 1950年
没年 -
職業・経歴等 医学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
頭蓋咽頭腫パーフェクトブック 嘉山孝正 監修 ; 井川房夫, 川俣貴一, 西岡宏 編著 中外医学社
2016.10
未破裂脳動脈瘤Japan standard 嘉山孝正 監修 ; 井川房夫, 森田明夫 編著 中外医学社
2015.10
がん医療の現在(いま) : がんについての市民公開講演会記録 第28回 国立がん研究センター中央病院がん医療サポートチーム 編 ; 牧本敦, 嘉山孝正 著 医事出版社
2011.4
脳腫瘍の最新医療 高倉公朋 監修 ; 嘉山孝正 ほか編 寺田国際事務所/先端医療技術研究所
2003.1
脳神経外科手術における脳機能モニタリングの原理と実際 嘉山孝正, 片山容一, 児玉南海雄 編 にゅーろん社
2002.10
Advanced technologyを用いた脳腫瘍の外科 嘉山孝正 編 メディカ
2001.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想