埴原 和郎   (1927-2004)

埴原 和郎(はにわら かずろう、1927年8月17日 - 2004年10月10日)は、日本の自然人類学者。 東京大学名誉教授、国際日本文化研究センター名誉教授。 解剖学者で北里大学医学部教授の埴原恒彦は息子。 元外交官で外務事務次官、駐アメリカ大使の埴原正直は伯父。 [来歴・人物] 福岡県北九州市出身。 旧制成蹊高等学校を経て、東京大学大学院(旧制)修了。 東京大学、国際日本文化研究センター各教授、国際高等研究所副所長・学術参与・顧問、神戸女学院理事を歴任。 人類学の「二重構造モデル」を展開した事で知られていた。 1958年、東京大学より理学博士。 論文は「日本人及び日米混血児乳歯の研究」。...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハニハラ カズロウ
人物別名 埴原和郎
生年 1927年
没年 2004年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
人類学講座 人類学講座編纂委員会 編 雄山閣
2017.7
日本人と日本文化の形成 埴原和郎 編 朝倉書店
2010.1
講座「文明と環境」 梅原猛, 伊東俊太郎, 安田喜憲 総編集 朝倉書店
2008.8
人類の進化史 : 20世紀の総括 埴原和郎 著 講談社
2004.11
日本人はどこから来たか : 日本文化の深層 埴原和郎 編 作品社
2003.8
日本人の骨とルーツ 埴原和郎 [著] 角川書店
2002.9
人類の自己家畜化と現代 尾本惠市 編 人文書院
2002.7
埴原和郎歯牙石膏印象コレクション 埴原和郎, 河野礼子, 諏訪元 著 東京大学総合研究博物館
2002
人類の進化 : 試練と淘汰の道のり : 未来へつなぐ五〇〇万年の歴史 埴原和郎 著 講談社
2000.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想