重光 葵   (1887-1957)

重光 葵(しげみつ まもる、1887年(明治20年)7月29日 - 1957年(昭和32年)1月26日)は、第二次世界大戦期の、日本の外交官・政治家である。 まれに、「しげみつあおい」と読み間違えられることがある。 [来歴・人物] 大分県大野郡三重町(のち大分県豊後大野市)に士族で大野郡長を務める父・直愿と母・松子の次男として生まれた。 しかし母の実家(重光家本家)に子供がなかったため養子となり重光家26代目の当主となった。 旧制杵築中学、第五高等学校独法科を経て、東京帝国大学法学部を卒業する。 [来歴・人物] 文官高等試験外交科合格後の1911年(明治44年)年9月、外務省に入省(第20...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シゲミツ マモル
人物別名 重光葵
生年 1887年
没年 1957年
職業・経歴等 衆議院議員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
重光葵と戦後政治 武田知己 著 吉川弘文館
2013.10
外交回想録 重光葵 著 中央公論新社
2011.7
重光葵・外交意見書集 武田知己 監修・解説 ; 重光葵記念館 編 東出版
現代史料
2010.1
重光葵・外交意見書集 重光葵 著 ; 重光葵記念館 編 ; 武田知己 監修・解説 東出版
現代史料
2008.12
重光葵とその時代 : 昭和の動乱から国連加盟へ : 特別展 衆議院憲政記念館 編 衆議院憲政記念館
2007.11
重光葵・外交意見書集 重光葵 著 ; 武田知己 監修・解説 ; 重光葵記念館 編 東出版
現代史料
2007.12
最高戦争指導会議記録・手記 重光葵 著 ; 伊藤隆, 武田知己 編 中央公論新社
2004.7
重光葵と戦後政治 武田知己 著 吉川弘文館
2002.3
満州事変と重光駐華公使報告書 : 外務省記録「支那ノ対外政策関係雑纂『革命外交』に寄せて」 重光葵 原著 ; 服部龍二 編著 日本図書センター
2002.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想