志田 義秀   (1876-1951)

志田 義秀(しだ ぎしゅう、1876年7月27日 - 1946年1月17日)は、国文学者、俳人。 富山県出身。 旧姓は藤井。 俳号は素琴。 第四高等学校卒、1903年東京帝国大学文学部国文科卒。 第六高等学校教授、旧制成蹊高等学校教授、東洋大学教授。 1937年「問題の点を主としたる芭蕉の伝記の研究」で文学博士。 俳誌「懸葵」「草上」などの選者を務め、1932年内藤吐天らと『東炎』を創刊、主宰。 志田延義は次男。 [著書] 『日本文学植物美観』三宅克巳画 晴光館 1908 『花鳥虫魚百譜詳釈』辰文館 1912 『岩波講座日本文學 現代俳句』岩波書店 1931 『岩波講座日本文學 蕉門十哲』岩...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シダ ギシュウ
人物別名 志田義秀
生年 1876年
没年 1951年
職業・経歴等 文学研究者
をも見よ 志田, 素琴(1876-1946)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
芭蕉俳句の解釈と鑑賞 ; 冬の日 : 芭蕉七部集連句評釋 ; 春の日 : 芭蕉七部集連句評釋 [志田義秀著] ; [志田義秀, 天野雨山共著] ; [志田義秀, 天野雨山共著] クレス
2009.7
『奥の細道』綜合研究 [志田義秀他著] クレス
1996.1
校註奥の細道 [松尾芭蕉] [著] ; 志田義秀, 志田延義 編 武蔵野書院
1995.3
類語の辞典 芳賀矢一 校閲 ; 志田義秀, 佐伯常麿 編 講談社
1980.6
猿蓑連句評釈 志田義秀, 天野雨山 共著 古川書房
1977.11
日本類語大辞典 志田義秀, 佐伯常麿 共編 講談社
1974
芭蕉俳句の解釈と鑑賞 志田義秀 著 ; 志田延義 編 至文堂
1956
書簡篇 志田義秀, 荻野清著 三省堂
1956
蕪村一代物語 志田義秀 著 至文堂
1953
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想