渋谷 浩   (1932-)

澁谷 浩(しぶや ひろし、1932年 - )は、政治史・キリスト教学者、明治学院大学名誉教授。 岡山市生まれ。 1965年早稲田大学大学院政治学研究科博士課程中退、70年「ピューリタン革命における平等派の政治理念」で政治学博士。 明治学院大学助教授、教授、97年聖学院大学教授。 2003年退職。 『内村鑑三全集』の編纂にもあたる。 [著書] ピューリタニズムの革命思想 キリスト教夜間講座出版部 1973、御茶の水書房 1978 近代思想史における内村鑑三 政治・民族・無教会論 新地書房 1988.7 保守政治の論理 北樹出版 1994.2 オリヴァー・クロムウェル 神の道具として...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シブヤ ヒロシ
人物別名 渋谷浩

澁谷, 浩
生年 1932年
没年 -
職業・経歴等 政治学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
渚の道 澁谷浩 著 文芸書房
2004.7
思いやりの主イエスとともに : 聖日講話集 澁谷浩 著 聖学院大学出版会
2001.4
政治学 : 演習ノート 渋谷浩 編 法学書院
1999.8
デモクラシーにおける討論の生誕 : ピューリタン革命におけるパトニー討論 大澤麦, 澁谷浩 訳 聖学院大学出版会
1999.10
政治思想史講義 藤原保信, 白石正樹, 渋谷浩 編 早稲田大学出版部
1998.8
オリヴァー・クロムウェル : 神の道具として生きる 渋谷浩 著 聖学院大学出版会
1996.5
保守政治の論理 渋谷浩 著 北樹
1994.2
人権とキリスト教 明治学院大学キリスト教研究所 編 教文館
1993.3
政治思想史講義 藤原保信 ほか編 早稲田大学出版部
1991.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想