森 裕城   (1971-)

森 裕城(もり ひろき、1971年12月 - )は、日本の政治学者。 専門は利益団体、政治過程論、計量政治。 2000年4月より京都女子大学現代社会学部専任講師。 2003年10月同志社大学法学部助教授を経て、現在、同教授。 岐阜大学で水崎節文から選挙の得票分析を学んだことをきっかけに政治学者の道を志し、筑波大学大学院では蒲島郁夫、蒲島が東大に移ってからは辻中豊の指導を受けた。 [学歴] 岐阜県立長良高等学校卒業。 岐阜大学教育学部中学教員養成課程社会学科(法律・経済学専攻)卒業。 筑波大学大学院博士課程国際政治経済学研究科修了、博士(国際政治経済学)。 [著書] 『日本社会党の研究――路...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ モリ ヒロキ
人物別名 森裕城
生年 1971年
没年 -
職業・経歴等 政治学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
大震災に学ぶ社会科学 [村松岐夫], [恒川惠市] [監修] 東洋経済新報社
2016.5
現代社会集団の政治機能 辻中豊, 森裕城 編著 木鐸社
2010.3
政治腐敗からの再生 瀬川晃, 梅津實 編著 ; 戒能通弘, 浅野亮, 村田晃嗣, 川崎友巳, 松尾健一, 森裕城 共著 成文堂
2008.3
総選挙の得票分析 水崎節文, 森裕城 著 木鐸社
2007.9
日本社会党の研究 : 路線転換の政治過程 森裕城 著 木鐸社
2001.12
JED-M(水崎・森)衆議院議員総選挙データ 水崎節文, 森裕城制作・著作 エル・デー・ビー
[200-]-
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想