芹沢 長介   (1919-2006)

芹沢 長介(せりざわ ちょうすけ、1919年10月21日 - 2006年3月16日)は考古学者。 東北大学名誉教授、東北福祉大学名誉教授。 日本の旧石器時代、縄文時代研究の第一人者。 日本各地の旧石器時代遺跡を調査し、旧石器時代の編年研究を行った。 [経歴] 静岡県静岡市出身。 父は人間国宝で染色家の芹沢銈介。 1989年からは東北福祉大学内の芹沢銈介美術工芸館(仙台市青葉区)館長を死去するまで務めた。 明治大学専門部地理歴史学科卒業。 明治大学大学院修了。 同大教授の杉原荘介と対立し、1963年、東北大学へ赴任し、助教授、1971年、教授。 1984年、東北福祉大学教授、のちに名誉教授。 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ セリザワ チョウスケ
人物別名 芹沢長介
生年 1919年
没年 2006年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
芹沢ケイ介作品集 芹沢ケイ介 著 ; 芹沢長介 監修 求竜堂
2006.3
新日本考古学小辞典 江坂輝彌, 芹沢長介, 坂詰秀一 編 ニュー・サイエンス社
2005.5
芹沢ケイ介の文字絵・讃 芹沢ケイ介 画 ; 芹沢長介, 杉浦康平 著 里文
2005.7
荒屋遺跡 : 発掘調査報告書 芹沢長介, 須藤隆編著 ; 東北大学大学院文学研究科考古学研究室, 川口町教育委員会編 東北大学大学院文学研究科考古学研究室
2003.12
一所懸命 : 佐藤広史君追悼論文集 佐藤広史君を偲ぶ会編集 佐藤広史君を偲ぶ会
2000.1
矢出川遺跡の発見と調査 : 長野県南佐久郡南牧村 由井茂也, 芹沢長介[著] 長野県考古学会
1998.3
芹沢ケイ介の文字絵・讃 芹沢ケイ介 画 ; 芹沢長介, 杉浦康平 著 里文
1997.11
「東アジアにおける土器の起源」: 第64回黎明館講演会 [鹿児島県歴史資料センター黎明館] 鹿児島県歴史資料センター黎明館
1997
縄文にみる東北のこころ 芹沢長介 ほか編 河北新報社
1994.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想