世良 晃志郎   (1917-1989)

世良 晃志郎(せら てるしろう、1917年8月19日―1989年4月16日)は、日本の歴史学者。 専攻は中世西洋法制史。 現在の広島県庄原市出身。 東京帝国大学法学部で久保正幡に学び、1940年に卒業する。 卒業後は母校の助手となり、戦後の1948年には東京大学助教授となる。 1952年に東北大学教授。 この間、1958年に附属図書館長、1968年に法学部長、1969年には日本学術会議会員(第8期)をつとめ、更に1979年には東北大学在職のまま宇都宮大学学長を兼務、1980年には東北大学名誉教授となる。 1985年に宇都宮大学を退職。 世良はドイツを中心とした中世史、特に法制史を中心とした制度...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ セラ テルシロウ
人物別名 世良晃志郎
生年 1917年
没年 1989年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
中世の法と国制 フリッツ・ケルン 著 ; 世良晃志郎 訳 創文社
1968.10(第6刷:2002.4)
西洋中世法の理念と現実 世良晃志郎 著 創文社
1991.4
政治・社会論集 ウェーバー 著 ; 阿部行蔵 ほか訳 河出書房新社
1988.10
ヨーロッパ身分制社会の歴史と構造 世良晃志郎 編 創文社
1987.2
社会科学と諸思想の展開 岡田与好, 広中俊雄, 樋口陽一 編 創文社
1977.8
法と権力の史的考察 服藤弘司, 小山貞夫 編 創文社
1977.8
封建制社会の法的構造 世良晃志郎 著 創文社
1977.11
バイエルン部族法典 世良晃志郎 訳 創文社
1977.10
法理学の諸問題 : 加藤新平教授退官記念 加藤新平教授退官記念論文集編集委員会 編 有斐閣
1976
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想