柳家 花緑   (1971-)

柳家 花緑(やなぎや かろく、本名:小林 九(こばやし きゅう/以前は鳩と使っていた時期もあるが戸籍は九)、1971年8月2日 - )は、社団法人落語協会所属の落語家(真打)。 東京都生まれ。 出囃子は「お兼ざらし」。 人間国宝であった5代目柳家小さんは母方の祖父に当たる。 兄は振付家(元バレエダンサー)小林十市。 叔父は6代目柳家小さん。 血液型A型。 Me&Herコーポレーション所属。 [来歴・人物] 1987年2月、祖父5代目柳家小さんに入門、前座名「九太郎」を名乗る。 入門に道筋をつけたのは母で、小さんの娘である母は「子どもが生まれたら一人は落語家にしたいと考えて」おり、兄がバレエ向...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤナギヤ カロク
人物別名 柳家花緑

小林, 九

小林, 鳩
生年 1971年
没年 -
職業・経歴等 落語家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
僕が手にいれた発達障害という止まり木 柳家花緑著 幻冬舎
2020.4
やさしい落語 柳家花緑 監修 ; 柚木原なり マンガ 朝日新聞
2017.2
花緑の幸せ入門「笑う門には福来たる」のか? 柳家花緑 著 竹書房
2017.8
古典落語知っているようで知らない噺のツボ 柳家花緑, 桃月庵白酒, 三遊亭兼好, 十郎ザエモン 著 竹書房
2016.3
柳家花緑の同時代ラクゴ集 藤井青銅 著 ; 柳家花緑 脚色・実演 竹書房
2016.4
匠の流儀 松岡正剛 編著 春秋社
2015.2
柳家花緑と落語を観よう 柳家花緑 監修 ; 小野幸惠 著 岩崎書店
2015.2
落語三昧! 柳亭市馬, 瀧川鯉昇, 柳家花緑, 古今亭菊之丞, 三遊亭兼好, 古今亭文菊 著 竹書房
2015.12
南の島に雪が降る [加東大介原作 ; 中島淳彦脚本・演出]] オールウェイズ
日本メディアサプライ
c2015
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想