後藤 玲子   (1958-)

後藤 玲子(ごとう れいこ、1958年3月 - )は日本の経済学者。 専門は経済哲学。 立命館大学大学院先端総合学術研究科教授を経て、一橋大学経済研究所教授。 博士(経済学)(一橋大学、1998年)。 博士論文は「分配的正義の理論」。 鈴村興太郎門下。 [略歴] 1981年3月 一橋大学法学部卒業 1990年3月 一橋大学経済学部卒業 1992年3月 一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了 1998年3月 一橋大学大学院経済学研究科博士課程修了、博士(経済学) [略歴] 1981年4月 一橋大学社会学部助手 1985年4月 桐蔭学園高等学校教諭 1995年4月 一橋大学経済学部助手(特別研...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ゴトウ レイコ
人物別名 後藤玲子
生年 1958年
没年 -
職業・経歴等 経済学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
「特集」国際人権レジームと社会福祉 宇佐見耕一 [ほか] 編集代表 旬報社
2021.11
10代からの批判的思考 : 社会を変える9つのヒント 名嶋義直編著 ; 寺川直樹 [ほか] 著 明石書店
2020.4
「特集」感染症と社会福祉 : コロナ禍と人間 宇佐見耕一 [ほか] 編集代表 旬報社
2020.12
新世界の社会福祉 宇佐見耕一, 岡伸一, 金子光一 [ほか] 編集代表 旬報社
2019.8-2020.3
アメリカ合衆国/カナダ 後藤玲子, 新川敏光編 旬報社
2019.8
功利主義をのりこえて : 経済学と哲学の倫理 アマルティア・セン, バーナード・ウィリアムズ編著 ミネルヴァ書房
2019.11
「特集」科学技術と社会福祉 : ICTの活用と福祉支援 : その現状と課題 宇佐見耕一 [ほか] 編集代表 旬報社
2019.12
潜在能力アプローチ 後藤玲子 著 岩波書店
2017.3
「やらせ」の政治経済学 後藤玲子, 玉井雅隆, 宮脇昇 編著 ミネルヴァ書房
2017.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想