遠山 一郎   (1937-)

遠山 一郎(とおやま いちろう、1937年 - )は、ラテン語専攻の言語学者。 専門は「ラテン語動詞論」「ラテン語の語順」「THEMA-RHEMA」。 東京生(祖先は信州伊那遠山郷出身)。 若年よりフランス詩文の研鑽を重ね、1960年「ステファヌ・マラルメについて」の卒業論文をもって早稲田大学文学部仏文学科卒業、1969年「ラテン語の動詞組織について」の修士論文をもって早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。 1978年早稲田大学大学院文学研究科博士課程中退。 1970年 - 1978年パリ第IV大学-ソルボンヌラテン語研究科(フランス政府給費留学生)に在籍。 ジャン・コラール、ギー・セルバ両...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ トオヤマ イチロウ
人物別名 遠山一郎
生年 1937年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ガリア戦記 : 対訳 カエサル 著 ; 遠山一郎 訳注 大学書林
2009.5
ラテン語の歴史 ジャクリーヌ・ダンジェル 著 ; 遠山一郎, 高田大介 訳 白水社
2001.9
ロマンス語学年表 伊藤英[ほか]共編 早稲田大学語学教育研究所
1985.12
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想