関 楠生   (1924-2014)

関 楠生(せき くすお、1924年7月15日 - 2014年7月3日)は、日本のドイツ文学者、超常現象研究者。 東京大学教養学部名誉教授。 父は当時静岡高等学校教授のドイツ文学者・関泰祐。 [経歴] 静岡県に生まれる。 旧制武蔵高等学校を経て1946年東京大学独文科卒業、その後松本高等学校講師、水戸高等学校教授。 1950年千葉大学助教授、1952年東京学芸大学助教授に着任。 1954年より1955年までドイツ・ミュンヘン大学に留学し、帰国後の1956年に武蔵中学校・高等学校講師となる(1965年まで)。 1959年に東京大学教養学部助教授、1970年に同教授となり、1985年定年退官。 以...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ セキ クスオ
人物別名 関楠生
生年 1924年
没年 2014年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
白バラ 関楠生 著 清水書院
2016.2
書物愛 紀田順一郎 編 東京創元社
2014.2
書物愛 紀田順一郎 編 東京創元社
2014.2
カイウスはばかだ ヘンリー・ウィンターフェルト 作 ; 関楠生 訳 岩波書店
2011.6
チェスの話 シュテファン・ツヴァイク [著] ; 辻[ヒカル], 関楠生, 内垣啓一, 大久保和郎 共訳 みすず書房
2011.8
ドイツ第三帝国 ヘルマン・グラーザー 著 ; 関楠生 訳 中央公論新社
2008.11
ドイツ文学者の蹉跌 関楠生 著 中央公論新社
2007.8
マリー・アントワネット S.ツヴァイク 著 ; 関楠生 訳 河出書房新社
2006.11
マリー・アントワネット S.ツヴァイク 著 ; 関楠生 訳 河出書房新社
2006.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想