佐藤 昌介   (1856-1939)

佐藤 昌介(さとう しょうすけ、1856年12月21日(安政3年11月24日) - 1939年(昭和14年)6月5日)は、北海道帝国大学初代総長。 日本初の農学博士のひとり。 岩手県花巻市出身。 妻は稲田邦植の娘陽子(はるこ)。 [略歴] 大学校 (1869年)#大学南校、東京英語学校(ともに現・東京大学)に学んだ後、札幌農学校(現・北海道大学)に第1期生として進学。 ウィリアム・スミス・クラークに学んだ。 大学卒業後、札幌農学校助手に就任。 1882年には自費で渡米し、ホートン農場で農業技術を習得したほか、ニューヨーク在勤総領事の紹介により農商務省御用掛りに就任した。 その後はアメリカ合衆...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サトウ ショウスケ
人物別名 佐藤昌介
生年 1856年
没年 1939年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
北大百年史編集ニュース 北海道大学創基百周年記念事業実行委員会出版専門委員会北大百年史編集室編集 北海道大学百年史編集室
1977.6-1980.11
明治大正農政経済名著集 近藤康男 編 農山漁村文化協会
1976
世界農業史論 佐藤昌介, 稲田昌植 共著 西ケ原刊行会
1944
北海道農家の経濟と経營 佐藤昌介 著 北海道農会
1936.10
世界農業史論 佐藤昌介, 稲田昌植 著 西ケ原刊行会
昭和10
満蒙と北洋 北海道協会 編 北海道協会
昭和8
北海道郷土史研究 札幌放送局編 札幌放送局
1932.10
創立三十周年記念講演 - 北海道廳立小樽水産學校
[193-]
勿来関古事考 佐藤昌介 編 清光堂書店
大正15
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想