大賀 郁夫   (1960-)

大賀 郁夫(おおが いくお、1960年 - )は、日本の歴史学者。 宮崎公立大学人文学部国際文化学科教授。 専門は日本近世史。 宮崎県出身。 1984年、九州大学文学部史学科卒業。 1992年、九州大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。 [著書] 『近世山村社会構造の研究』 (校倉書房、2005年) [著書] 『宮崎県の歴史』 (山川出版社、1999年) [著書] 『高千穂と日向街道 街道の日本史53』 (吉川弘文館、2001年) [論文] 「近世前期山村における年貢勘定と村請制」 『九州史学』1991年 「近世村落における村高と役高」 『宮崎県史研究』1991年 「近...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオガ イクオ
人物別名 大賀郁夫
生年 1960年
没年 -
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
鷹狩の日本史 福田千鶴, 武井弘一編 勉誠
2021.2
宮崎県の歴史 坂上康俊, 長津宗重, 福島金治, 大賀郁夫, 西川誠 著 山川出版社
2015.1
近世山村社会構造の研究 大賀郁夫 著 校倉書房
2005.3
高千穂と日向街道 安藤保, 大賀郁夫 編 吉川弘文館
2001.2
宮崎県の歴史 坂上康俊 ほか著 山川出版社
1999.9
開国と近代化 中村質 編 吉川弘文館
1997.8
近世日本の社会と流通 藤野保先生還暦記念会 編著 雄山閣
1993.11
近世近代史論集 九州大学国史学研究室 編 吉川弘文館
1990.8
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想