中村 修二   (1954-)

中村 修二(なかむら しゅうじ、1954年(昭和29年)5月22日 - )は、日本出身でアメリカ国籍を取得した技術者、電子工学者。 博士(工学)(徳島大学、1994年)1994。 日亜化学工業時代に、世界に先駆けて実用に供するレベルの高輝度青色発光ダイオードの製造方法を発明・開発。 同社の青色LED製品化に貢献するとともに、赤崎勇・天野浩と共同で2014年のノーベル物理学賞を受賞する。 また、同技術の特許対価を求めた404特許の訴訟でも有名である。 2000年にはアメリカ合衆国のカリフォルニア大学サンタバーバラ校 (UCSB) 材料物性工学科教授へ転身。 同大学の固体照明・エネルギー電子工学セ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナカムラ シュウジ
人物別名 中村修二
生年 1954年
没年 -
職業・経歴等 工学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
最強エンジニアの仕事術 佐川眞人, 中村修二 著 実務教育
2016.9
夢と壁 中村修二 著 Oroco Planning
2015.7
負けてたまるか! 中村修二 著 朝日新聞
2014.11
赤の発見青の発見 西澤潤一, 中村修二 著 白日社
2014.11
中村修二の反骨教育論 中村修二 著 小学館
2014.12
ごめん! : 青色LED開発者最後の独白 中村修二 著 ダイヤモンド社
2005.7
「バカになれる男」が勝つ! 中村修二 著 三笠書房
2004.1
負けてたまるか! : 青色発光ダイオード開発者の言い分 中村修二 著 朝日新聞社
2004.3
怒りのブレイクスルー 中村修二 著 集英社
2004.5
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想