笹森 儀助   (1845-1915)

笹森 儀助(ささもり ぎすけ、弘化2年1月25日(1845年3月3日) - 大正4年(1915年)9月29日)は日本の探検家、政治家、実業家。 当時の日本において辺境の地であり、その実態がほとんど分かっていなかった南西諸島や千島列島を調査した他、奄美大島の島司や第2代青森市長も務めている。 また、南西諸島調査の詳細な記録である著書『南嶋探験』は、柳田國男など後の民俗学者に大きな影響を与えた。 [経歴] 1845年(弘化2年)、陸奥国弘前在府町(現・青森県弘前市在府町)に、弘前藩士・笹森重吉の子として生まれる。 藩校稽古館(現・東奥義塾高等学校)で学んだ後、弘前藩・青森県に勤め、中津軽郡長も務...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ササモリ ギスケ
人物別名 笹森儀助
生年 1845年
没年 1915年
職業・経歴等 アジア探検家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
南嶋探験 : 琉球漫遊記 笹森儀助 [著] ; 東喜望校注 平凡社
2007.9
明治北方調査探検記集成 - ゆまに書房
1988.12
臺灣省臺灣視察日記 ; 臺灣省臺灣視察結論 笹森儀助撰 成文出版社
1985.3
南嶋探験 : 琉球漫遊記 笹森儀助 著 ; 東喜望 校注 平凡社
1983.12
南嶋探験 : 琉球漫遊記 笹森儀助 著 ; 東喜望 校注 平凡社
1982.7
千島探験 笹森儀助 著 至言社
1977.6
諏訪之瀬記 [笹森儀助著] ; 前川慎一郎訳編 ヤマハ友の会
1976.6
南島探験 笹森儀助 著 国書刊行会
1973
南島探驗 笹森儀助著 沖縄郷土文化研究会
1968.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
千島探験 笹森 儀助
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想