小林 登志子   (1949-)

小林登志子(こばやし としこ、1949年 - )は、古代オリエント学者。 千葉県生まれ。 中央大学文学部史学科卒業。 同大学大学院修士課程修了。 古代オリエント博物館非常勤研究員、立正大学文学部講師、NHK学園「古代オリエント史」講座講師、中近東文化センター評議員。 日本オリエント学会奨励賞受賞。 専攻・シュメル学。 [著書] 古代メソポタミアの神々 世界最古の「王と神の饗宴」 三笠宮崇仁監修 岡田明子共著. 集英社、2000.12. シュメル 人類最古の文明 2005.10. 中公新書 五〇〇〇年前の日常 シュメル人たちの物語 2007.2. 新潮選書 シュメル神話の世界 粘土板に刻ま...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コバヤシ トシコ
人物別名 小林登志子
生年 1949年
没年 -
職業・経歴等 考古学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
文明の誕生 小林登志子 著 中央公論新社
2015.6
楔形文字がむすぶ古代オリエント都市の旅 小林登志子 著 日本放送出版協会
2009.7
シュメル神話の世界 : 粘土板に刻まれた最古のロマン 岡田明子, 小林登志子 著 中央公論新社
2008.12
五〇〇〇年前の日常 : シュメル人たちの物語 小林登志子 著 新潮社
2007.2
シュメル : 人類最古の文明 小林登志子 著 中央公論新社
2005.10
古代メソポタミアの神々 三笠宮崇仁 監修 ; 岡田明子, 小林登志子 共著 集英社
2000.12
世界史説苑 : 木崎良平先生古稀記念論文集 - 立正大学文学部西洋史研究室内木崎良平先生古稀記念論文集編集委員会
1994.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想