永宮 正治   (1944-)

永宮 正治(ながみや しょうじ、1944年 - )は、日本の物理学者(素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理)。 高エネルギー加速器研究機構研究員、独立行政法人理化学研究所研究顧問。 コロンビア大学物理学科学科長、東京大学原子核研究所教授、高エネルギー加速器研究機構大強度陽子加速器計画推進部部長、J-PARCセンターセンター長(初代)などを歴任した。 [概説] 1970年代に、ローレンス・バークレー国立研究所のBevalacで高エネルギー重イオン物理学草分け期の研究に従事。 その後、ブルックヘブン国立研究所のAGSやRHICで実験を進め、PHENIX実験の初代スポークスマン。 クォークグルーオンプ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナガミヤ ショウジ
人物別名 永宮正治
生年 1944年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
原子核物理学 永江知文, 永宮正治 共著 裳華房
2000.9
中間エネルギー領域での原子核衝突 永宮正治 東京大学原子核研究所
1980.5
Djudo : a japán dzsiu-dzsicu tökéletesitett módszere írta Sasaki Kichisaburo ; fordította Speidl Zoltán 永宮正治
[2009]
INPC 2007 : Proceedings of the 23rd International Nuclear Physics Conference Tokyo, Japan, 3-8 June, 2007 edited by S. Nagamiya ... [et al.] Elsevier
c2008
Djudo : a japán dzsiu-dzsicu tökéletesitett módszere írta Sasaki Kichisaburo ; fordította Speidl Zoltán 永宮正治
[2005]
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想