実吉 捷郎   (1895-1962)

Wikipedia「実吉捷郎

「青空文庫」より

実吉 捷郎(さねよし はやお、1895年(明治28年)1月20日 - 1962年(昭和37年)2月15日)は日本の独文学者。 1895年(明治28年)に実吉安純の六男として東京に生まれる。 府立高等学校などで教師生活を経て、1949年(昭和24年)東京都立大学教授となる。 後に桐朋学園大学教授、立正大学教授。 一時期は伯爵日野資秀の三女と結婚し、婚姓から日野捷郎という名前で著作活動をしたが、離婚したため復姓した。 トーマス・マンなどの日本への紹介で貢献的な役割を果たした一人である。 府立高等学校時代には、同校の校歌を作曲をした。 教え子に徳永康元などがいる。 [訳書] 『たくみと恋』シラー著...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サネヨシ ハヤオ
人物別名 実吉捷郎
生年 1895年
没年 1962年
職業・経歴等 文学研究者
をも見よ 日野, 捷郎(1895-1962)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
世界の愛唱歌 : 混声合唱とピアノのための 小林新 編曲・著 マザーアース
2013.6
幻影短篇集 [シュニッツラー著] ; [實吉捷郎飜譯代表] 本の友社
2005.7
幻影短篇集 [シュニッツラー著] 本の友社
2003.7
トニオ・クレエゲル トオマス・マン 作 ; 実吉捷郎 訳 岩波書店
2003.9
ザッフォオ グリルパルツェル 作 ; 実吉捷郎 訳 岩波書店
1953.7(第2刷:2001.2)
ヴェニスに死す トオマス・マン 作 ; 実吉捷郎 訳 岩波書店
2000.5
インド紀行 ボンゼルス 著 ; 実吉捷郎 訳 岩波書店
1994.3
インド紀行 ボンゼルス 著 ; 実吉捷郎 訳 岩波書店
1994.3
トオマス・マン短篇集 実吉捷郎 訳 岩波書店
1979.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想