実松 譲   (1902-1996)

実松 譲(さねまつ ゆずる、1902年(明治35年)11月20日 - 1996年(平成8年)12月20日)は、日本の海軍軍人、著作家。 米内光政海相時代の大臣秘書官や、駐米大使館附武官補佐官を務め、太平洋戦争においては情報解析に実績を残す。 海軍大佐で終戦を迎え11年半の巣鴨プリズン生活をおくった後は主として海軍関係の書を著し、刊行数は100点近くにおよんだ。 [生涯] 小学校校長の長男として佐賀県武雄市に生まれ 海軍兵学校に進んだ。 母校の佐賀中学は佐賀藩の藩校弘道館の流れをくみ、当時の最難関校の一つであった海軍兵学校に多くの合格者を送り出した中学である。 実松は海兵51期生として中位の席...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サネマツ ユズル
人物別名 実松譲
生年 1902年
没年 1996年
職業・経歴等 著作家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
海軍大将米内光政正伝 : 肝脳を国の未来に捧げ尽くした一軍人政治家の生涯 実松譲 著 光人社
2009.2
巣鴨獄中記 : 宰相米内光政を支えた海軍大佐の茨の道 実松譲 著 光人社
2009.5
日米情報戦 : 戦う前に敵の動向を知る 実松譲 著 光人社
2009.11
太平洋戦争 実松譲編 NetLibrary
2007
現代史資料 実松譲編 みすず書房
2004.10
現代史資料 実松譲編 みすず書房
2004.10
現代史資料 実松譲編 みすず書房
2004.10
現代史資料 実松譲編 みすず書房
2004.10
現代史資料 実松譲編 みすず書房
2004.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想