寒川 鼠骨   (1875-1954)

寒川 鼠骨(さむかわ そこつ、1875年(明治8年)11月3日 - 1954年(昭和29年)8月18日)は、正岡子規門下の俳人。 病床の子規に侍り、遺族を見守り、遺墨・遺構の保存に尽くした。 [生涯] 元伊予松山藩士寒川朝陽(ともあき)と八重(旧姓水野)との三男として、現・松山市三番町に生まれた。 本名陽光(あきみつ)。 号の鼠骨は粗忽に通じるという。 1888年、番町小学校から県立松山中学校に入った。 1893年(明治26年)(18歳)、三高の前身京都第三高等中学校へ進み、河東碧梧桐・高浜虚子と同じ下宿に住んだ。 碧梧桐が二つ、虚子が一つ年上である。 3人して郷土松山の先輩正岡子規を敬い慕...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サムカワ ソコツ
人物別名 寒川鼠骨

藤, 陽光
生年 1875年
没年 1954年
職業・経歴等 俳人
をも見よ 寒川, 陽光(1875-1954)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
子規研究資料集成 越後敬子 編・解説 クレス
2012.2
子規研究資料集成 越後敬子 編・解説 クレス
2012.2
蕉門研究資料集成 佐藤勝明 編・解説 クレス
2004.9
子規庵要記 寒川鼠骨 著 ; 子規庵保存会 編 六法出版社
寒川知佳子
2002.3
正岡子規の世界 寒川鼠骨 著 六法出版社
1993.11
作品研究 - クレス
1993.6
玄旨不會 寒川鼠骨[著] ; [子規庵歌会同人編] 子規庵歌会
1960.8
正岡子規の世界 寒川鼠骨 著 青蛙房
1956
随攷子規居士 寒川鼠骨 著 一橋書房
1952
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想