桜井 好朗   (1931-2014)

桜井 好朗(さくらい よしろう、1931年9月17日 - )は、日本中世史・文学研究者、椙山女学園大学名誉教授、黄塵草堂桜井私塾長。 愛知県生まれ。 1954年名古屋大学文学部史学科卒業。 1977年「神々の変貌」で名大文学博士。 豊田工業高等専門学校助教授、椙山女学園大学短期大学部教授、のち名誉教授、佛教大学教授を務めた。 1982年「中世日本文化の形成-神話と歴史叙述で芸術選奨文部大臣賞受賞。 中世文化史を専攻し、隠者、宗教、芸能など対象は幅広く、塚本邦雄など近代歌人についても論考がある。 筆名・花井純一郎で詩歌も作る。 [著書] 隠者の風貌 隠遁生活とその精神 (塙選書) 1967 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サクライ ヨシロウ
人物別名 桜井好朗
生年 1931年
没年 2014年
職業・経歴等 歴史学者
をも見よ 花井, 純一郎

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
吉野の霧 桜井好朗 著 吉川弘文館
2016.8
中世日本文化の形成 : 神話と歴史叙述 桜井 好朗【著】 東京大学出版会
2013.5.7
中世日本の神話と歴史叙述 桜井好朗 著 岩田書院
2006.10
日本の隠者 桜井好朗 著 塙書房
2005.9
一遍聖絵の総合的研究 砂川博 編 岩田書院
2002.5
神々の変貌 桜井好朗 著 筑摩書房
2000.3
神々の変貌 : 社寺縁起の世界から 桜井 好朗【著】 筑摩書房
2000.3.8
神と仏 桜井好朗 編 春秋社
2000.9
儀礼国家の解体 桜井好朗 著 吉川弘文館
1996.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想