桜井 清彦   (1922-2010)

桜井 清彦(さくらい きよひこ、1922年 - 2010年9月6日)は、日本の考古学者、早稲田大学名誉教授。 [生涯] 東京生まれ。 1946年、早稲田大学文学部史学科卒。 早稲田大学教授、1993年、定年退任、名誉教授。 昭和女子大学教授。 専攻は比較考古学。 ミイラ研究、日本の北方文化研究。 西アジアや中国、東南アジアで発掘調査を行なった。 [著書] アイヌ秘史 1967 (角川新書) エジプトを掘る 古代王朝遺跡発掘記 実業之日本社 1977.10 [共編著] 館址 東北地方における集落址の研究 江上波夫,関野雄共編著 東京大学出版会 1958 世界の大遺跡 2 ナイルの王...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サクライ キヨヒコ
人物別名 桜井清彦

櫻井, 清彦
生年 1922年
没年 2010年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
3日でわかる世界史 ダイヤモンド社 編 ; 櫻井清彦 監修 ダイヤモンド社
2010.3
近世日越交流史 : 日本町・陶磁器 櫻井清彦, 菊池誠一 編 柏書房
2002.5
3日でわかる世界史 櫻井清彦 監修 ; ダイヤモンド社 編 ダイヤモンド社
2000.1
図説馬と人の文化史 J.クラットン=ブロック 著 ; 桜井清彦 監訳 ; 清水雄次郎 訳 原書房
東洋書林
1997.1
日本古代遺跡事典 大塚初重 ほか編 吉川弘文館
1995.3
ミイラ ジェームズ・パトナム 著 ; リリーフ・システムズ 訳 同朋舎
1994.3
二十一世紀への考古学 : 桜井清彦先生古稀記念論文集 桜井清彦先生古稀記念会 編 雄山閣
1993.2
日本・中国ミイラ信仰の研究 日本ミイラ研究グループ 編 平凡社
1993.5
アル=フスタート遺跡 : エジプト・イスラーム都市 発掘調査1978~1985年 桜井清彦, 川床睦夫 編 早稲田大学出版部
1992.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想