数土 直紀   (1965-)

数土直紀(すど なおき、1965年11月- )は、日本の社会学者、学習院大学教授。 メキシコ生まれ。 1989年東京大学文学部社会学科卒、93年同大学院博士課程単位取得満期退学、94年信州大学講師、95年助教授、98年学習院大学法学部助教授、2001年教授。 95年「社会理論における「自由」と「社会」の原理的関係 -自由の社会理論の試み」で東大社会学博士。 数理社会学専攻。 [著書] 自由の社会理論 多賀出版 2000.2 理解できない他者と理解されない自己 寛容の社会理論 勁草書房 2001.3 自由という服従 2005.1 (光文社新書) 数理社会学入門 今田高俊共編著 勁草...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ スド ナオキ
人物別名 数土直紀
生年 1965年
没年 -
職業・経歴等 社会学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
格差社会のなかの自己イメージ 数土 直紀【編著】 勁草書房
2018.2.25
社会意識からみた日本 数土直紀 編 有斐閣
2015.3
信頼にいたらない世界 : 権威主義から公正へ 数土直紀 著 勁草書房
2013.11
社会学を問う : 規範・理論・実証の緊張関係 米村千代, 数土直紀 編 勁草書房
2012.2
日本人の階層意識 数土直紀 著 講談社
2010.7
階層意識のダイナミクス : なぜ、それは現実からずれるのか 数土直紀 著 勁草書房
2009.1
自由という服従 数土直紀 著 光文社
2005.1
数理社会学入門 数土直紀, 今田高俊 編著 勁草書房
2005.2
社会理論の実践的可能性の探求 数土直紀編集 数土直紀
2004.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想