坂口 安吾   (1906-1955)

小説家。本名は炳五(へいご)。新潟市西大畑町に生まれる。幼稚園の頃より不登校になり、餓鬼大将として悪戯のかぎりを尽くす。1926(大正15)年、求道への憧れが強まり、東洋大学印度哲学科に入学するも、過酷な修行の末、悟りを放棄する。1930(昭和5)年、友人らと同人雑誌「言葉」を創刊、翌年6月に発表した「風博士」を牧野信一に絶賛され、文壇の注目を浴びる。その後、「紫大納言」(1939年)などの佳作を発表する一方、世評的には不遇の時代が続いたが、1946(昭和21)年、戦後の本質を鋭く把握洞察した「堕落論」、「白痴」の発表により、一躍人気作家として表舞台に躍り出る。戦後世相を反映した小説やエッセイ、探偵小説、歴史研究など、多彩な執筆活動を展開する一方、国税局と争ったり、競輪の不正事件を告発したりと、実生活でも世間の注目を浴び続けた。1955(昭和30)年2月17日、脳溢血により急死。享年48歳。小説の代表作は「紫大納言」「真珠」「白痴」「桜の森の満開の下」「夜長姫と耳男」など。エッセイの代表作は「FARCEに就て」「文学のふるさと」「日本文化私観」「堕落論」「教祖の文学」など。(J.M)Wikipedia「坂口安吾

「青空文庫」より

坂口 安吾(さかぐち あんご、1906年(明治39年)10月20日 - 1955年(昭和30年)2月17日)は、日本の小説家、エッセイスト。 本名は坂口 炳五(さかぐち へいご)。 新潟県新潟市出身、東洋大学文学部印度哲学倫理学科卒業。 純文学のみならず、歴史小説、推理小説、文芸から時代風俗まで広範に材を採るエッセイまで、多彩な領域にわたって活動した。 終戦直後に発表した「堕落論」「白痴」などにより時代の寵児となり、無頼派と呼ばれる作家の一人、その後の多くの作家にも影響を与えた。 晩年に生まれた一人息子の坂口綱男は写真家。 [生涯] 新潟県新潟市西大畑町(現:中央区西大畑町)に、憲政本党所属...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サカグチ アンゴ
人物別名 坂口安吾

坂口, 炳吾
生年 1906年
没年 1955年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
安吾人生案内 坂口安吾著 三田産業
2019.2
女剣士 坂口安吾著 ; 七北数人編 春陽堂書店
2019.2
盗まれた手紙の話 坂口安吾著 ; 七北数人編 春陽堂書店
2019.4
現代忍術伝 坂口安吾著 ; 七北数人編 春陽堂書店
2019.6
復員殺人事件 坂口安吾著 河出書房新社
2019.8
勝負師 : 将棋・囲碁作品集 坂口安吾著 中央公論新社
2018.4
アンソロジーしずおか アンソロジーしずおか編集委員会 編 静岡新聞社
2017.2
日本文学全集 池澤夏樹 個人編集 河出書房新社
2017.3
小林秀雄対話集 小林秀雄 [著] 講談社
2017.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想