坂上 昭一   (1927-1996)

坂上 昭一(さかがみ しょういち、1927年1月4日 - 1996年11月4日)は日本の昆虫社会学者。 北海道大学農学部卒業、同大学院理学研究科博士課程修了。 1955年「ミツバチに於ける視覚学習の知覚心理学的研究」で理学博士。 北大理学部講師、助教授。 1978年に同大学低温科学研究所教授となる。 ハナバチ類の比較社会学的研究をし、その進化を論じた。 1967年日本動物学会賞、1992年朝日賞を受賞。 退官後も自宅で研究を続けたが、1996年に自宅で研究中、心筋梗塞で死去。 ハチについて数多くの論文、著書を残す。 [著書] ミツバチのたどったみち 進化の比較社会学 思索社 1970 私...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サカガミ ショウイチ
人物別名 坂上昭一
生年 1927年
没年 1996年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ミツバチのたどったみち 坂上昭一 著 新思索社
2005.7
ハチとフィールドと 坂上昭一 著 新思索社
2005.10
社会生物学 エドワード・O.ウィルソン 著 ; 伊藤嘉昭 監修 ; 坂上昭一 [ほか]訳 新思索社
1999.9
昆虫社会の進化 井上民二, 山根爽一 編 博品社
1993.3
ハチの家族と社会 坂上昭一 著 中央公論社
1992.10
坂上昭一著作集 坂上昭一著 北海道大学
1989
ハチとフィールドと 坂上昭一 著 思索社
1987.8
動物-その適応戦略と社会 坂上 昭一〔サカガミ ショウイチ〕;前田 泰生〔マエダ ヤスオ〕【著】 東海大学出版会
1986.3
独居から不平等へ : ツヤハナバチとその仲間の生活 坂上昭一, 前田泰生 [著] 者不明
1986
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想