佐口 卓   (1923-2000)

佐口 卓(さぐち たかし、1923年 - 2000年3月11日)は、東京都生まれの社会制度学者。 学位は商学博士。 早稲田大学商学部卒、早大商学部助教授、教授を歴任し、1993年には早稲田大学名誉教授となる。 [著書] 『社会保障』柏林書房 1952 『日本社会保険史』日本評論新社 1957 『ふだん着の福祉国家 ヨーロッパ・足でひろった庶民のくらし』宮坂出版社 1962 『医療の社会化 医療保障の基本問題』勁草書房 1964 『日本の医療保障』東洋経済新報社 1966 『暮らしを守る社会保険』日本労働協会 JIL文庫 1968 『医療保険論』有斐閣双書 1974 『サラリーマンの年金学』社...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サグチ タカシ
人物別名 佐口卓
生年 1923年
没年 2000年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
社会保障概説 佐口卓, 土田武史 共著 光生館
2009.9
社会保障概説 佐口卓, 土田武史 共著 光生館
2006.4
戦後高齢社会基本文献集 小笠原祐次 監修 ; 岡本多喜子, 中村律子 編 日本図書センター
2006.5
社会保障概説 佐口卓, 土田武史 共著 光生館
2003.3
社会保障概説 佐口卓 著 光生館
1999.2
国民健康保険 : 形成と展開 佐口卓 著 光生館
1995.11
日本経済と社会保障 : 二十一世紀への展望 佐口卓編集 社会保険福祉協会
1994.12
暮らしの風景 佐口卓著 光生館
国晃館
1993.10
社会政策講義 平田富太郎, 佐口卓 編 青林書院
1991.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想