相良 亨   (1921-2000)

相良 亨(さがら とおる、1921年5月23日 - 2000年10月14日)は、倫理学者。 東京大学文学部名誉教授。 日本学士院会員。 金沢市生まれ。 1944年東京帝国大学文学部倫理学科卒業。 和辻哲郎に師事。 茨城大学助教授、65年東京大学文学部助教授、71年教授。 1982年定年退官、名誉教授、共立女子大学教授。 96年春、勲三等旭日中綬章受勲。 和辻哲郎の衣鉢を継ぎ、日本文化の中に美と倫理を見出した。 著作集全6巻がある。 [著書] 『近世日本儒教運動の系譜』弘文堂 (アテネ新書) 1955 『日本人の伝統的倫理観』理想社, 1964 『近世日本における儒教運動の系譜』理想社, 19...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サガラ トオル
人物別名 相良亨
生年 1921年
没年 2000年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
本居宣長 相良亨 著 講談社
2011.6
武士道 相良亨 著 講談社
2010.9
日本人の心 相良亨 著 東京大学出版会
2009.7
倫理 平木幸二郎 [ほか] 著 東京書籍
2008.2
武士の思想 相良亨 著 ぺりかん社
2004.5
日本人の心と出会う 相良亨 著 日本点字図書館
2001.4
近世儒家文集集成 相良亨 ほか編 ぺりかん社
2000.10
近世儒家文集集成 相良亨 ほか編 ぺりかん社
1999.3
説経節の思想 : 特集 相良亨, 竹内整一, 窪田高明責任編集 ぺりかん社
1998.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想