佐伯 泰英   (1942-)

佐伯 泰英(さえき やすひで、1942年2月14日 - )は、日本の小説家、写真家。 福岡県北九州市八幡西区生まれ。 日本大学藝術学部映画学科卒。 [経歴] 実家は新聞販売店で、折尾駅構内で新聞販売などを行なっていた。 当初は家業を継ぐ予定であったが、これを断念して芸術を志すようになる。 1971年より1974年までスペインに滞在。 のち、スペインと闘牛を題材にしたノンフィクション『闘牛士エル・コルドベス 1969年の叛乱』と『闘牛はなぜ殺されるか』、小説『ゲルニカに死す』を発表。 スペインや南米など、スペイン語圏を舞台にした冒険小説や国際謀略小説を中心に良質のミステリー小説を数多く執筆する...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サエキ ヤスヒデ
人物別名 佐伯泰英
生年 1942年
没年 -
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
初午祝言 佐伯泰英著 文芸春秋
2020.1
荒海ノ津 佐伯泰英著 文芸春秋
2020.1
万両ノ雪 佐伯泰英著 文芸春秋
2020.1
酒合戦 佐伯泰英著 文芸春秋
2020.2
朧夜ノ桜 佐伯泰英著 文芸春秋
2020.2
白桐ノ夢 佐伯泰英著 文芸春秋
2020.2
おこん春暦 佐伯泰英著 文芸春秋
2020.4
照葉ノ露 佐伯泰英著 文芸春秋
2020.4
紅花ノ邨 佐伯泰英著 文芸春秋
2020.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想