三枝 博音   (1892-1963)

Wikipedia「三枝博音

「青空文庫」より

三枝 博音(さいぐさ ひろと、1892年(明治25)5月20日 - 1963年(昭和38)11月9日)は広島県山県郡本地村(現・北広島町)出身の哲学者。 思想史、科学史や技術史についての研究も多い。 [経歴] 生家は浄土真宗の寺院・浄専坊。 第四仏教中学(現・崇徳高等学校)を経て、東京帝国大学文学部哲学科に進む。 在学中1年間の兵役体験から、社会的なものへ傾倒しマルクス主義に没頭した。 1922年大学卒業後は同郷で、医学史の大家・富士川游に師事。 東洋大学、立正大学、法政大学などで教職に就いた。 1928年、無神論運動を起こす。 1931年半年間ドイツに留学、世界観の変革に多大な影響を受けた...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サイグサ ヒロト
人物別名 三枝博音
生年 1892年
没年 1963年
職業・経歴等 哲学者
をも見よ 戸弘, 柯三

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
異貌の日本近代思想 西田幾多郎 [ほか] 著 書肆心水
2015.8
異貌の日本近代思想 三枝博音, 狩野亨吉, 権藤成卿, 大川周明, 北一輝, 津田左右吉, 生田長江, 内村鑑三, 柳宗悦, 富士川游, 北里柴三郎 [著] 書肆心水
2015.8
異貌の日本近代思想 西田幾多郎, 三木清, 岸田劉生, 高村光太郎, 野上豊一郎, 山田孝雄, 九鬼周造, 田辺元 [著] 書肆心水
2015.8
新編・梅園哲学入門 三枝博音, 三浦梅園 著 書肆心水
2014.5
近代日本哲学史 三枝博音 著 書肆心水
2014.7
西欧化する日本西欧化できない日本 三枝博音 著 書肆心水
2014.8
技術の哲学 三枝博音 著 岩波書店
2005.6
宗教と科学の歴史 三枝博音 責任編集 新評論
2002.12
三浦梅園自然哲学論集 三浦梅園 著 ; 尾形純男, 島田虔次 編注訳 岩波書店
1998.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想