力武 常次   (1921-2004)

力武 常次(りきたけ つねじ、1921年3月30日 - 2004年8月22日)は、日本の地球物理学者。 東京大学名誉教授、東京工業大学名誉教授。 理学博士。 [業績] 地磁気による地球内部の電気伝導度構造の研究でめざましい成果を挙げたほか、地震や火山噴火の予知へ向けての研究も精力的に行った。 1957年には地磁気の成因や地磁気反転の原因を説明する結合円盤ダイナモモデルの論文を発表し、後に "The Rikitake Model" と呼ばれるようになる。 近年はカオス理論のアトラクターの1つとしても研究されている. [略歴] 東京府立第一中学校卒業 第一高等学校卒業 1942年 東京帝国大学...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ リキタケ ツネジ
人物別名 力武常次

Rikitake, Tsuneji
生年 1921年
没年 2004年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本の自然災害 力武常次, 竹田厚 監修 日本専門図書
2005.7
高等学校地学2 : 地球と宇宙の探究 力武常次 [ほか] 著 数研
2004.1
高等学校地学2地球と宇宙の探究教授資料 力武常次 [ほか] 著 数研
2004
日本の自然災害 力武常次, 竹田厚 監修 国政問題調査会官公庁図書出版協会
2004.4
日本の自然災害 力武常次, 竹田厚監修 国政問題調査会
官公庁図書出版協会
2004.4
高等学校地学I : 地球と宇宙 力武常次ほか著 数研
2003.1
高等学校地学I : 地球と宇宙 力武常次ほか著 数研
c2002
なぜ磁石は北をさす : 地球電磁気学入門 力武常次 著 日本専門図書
2002.7
地震予知 : 発展と展望 力武常次 著 日本専門図書
2001.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想