尾崎 秀実   (1901-1944)

Wikipedia「尾崎秀実

「青空文庫」より

尾崎 秀実(おざき ほつみ、1901年(明治34年)4月29日 - 1944年(昭和19年)11月7日)は日本の評論家・ジャーナリスト・共産主義者。 朝日新聞社記者、内閣嘱託、満鉄調査部嘱託職員を務める。 近衛文麿政権のブレーンとして、政界・言論界に重要な地位を占め、軍部とも独自の関係を持ち、日中戦争(支那事変)から太平洋戦争(大東亜戦争)開戦直前まで政治の最上層部・中枢と接触し国政に影響を与えた。 共産主義者、革命家としてリヒャルト・ゾルゲが主導するソビエト連邦の諜報組織「ゾルゲ諜報団」に参加し、スパイとして活動し、最終的にゾルゲ事件として1941年発覚し、首謀者の1人として裁判を経て死刑に...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オザキ ホツミ
人物別名 尾崎秀実
生年 1901年
没年 1944年
職業・経歴等 スパイ

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
尾崎秀実時評集 : 日中戦争期の東アジア 尾崎秀実 著 ; 米谷匡史 編 平凡社
2004.3
ゾルゲ事件上申書 尾崎秀実 著 岩波書店
2003.2
新編愛情はふる星のごとく 尾崎秀実 著 ; 今井清一 編 岩波書店
2003.4
愛情はふる星のごとく 尾崎秀実 著 青木書店
1998.8
愛情はふる星のごとく 尾崎秀実 著 青木書店
1998.8
開戦前夜の近衛内閣 : 満鉄『東京時事資料月報』の尾崎秀実政治情勢報告 尾崎秀実, 今井清一 編著 青木書店
1994.11
愛情はふる星のごとく 尾崎秀実 著 青木書店
1985.11
満鉄調査部と尾崎秀実 宮西義雄 編著 亜紀書房
1983.9
現代支那論 尾崎秀実 著 岩波書店
1982.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想