尾崎 博   (1907-)

尾崎 博(おざき ひろし、1907年 - 1994年2月23日)は鳥取県出身の古生物学者。 理学博士。 国立科学博物館地学研究部長、斎藤報恩会自然史博物館館長などを歴任した。 [経歴] 1907年、鳥取県青谷村で生まれる。 旧制倉吉中学校を卒業後、1924年に満州教育専門学校へ第一期生として入学。 同期には後の妻となる女性の兄がいた。 1928年、東北帝国大学地質学古生物学科に進学し、矢部長克に学ぶ。 1932年、再び満州国に戻り、満鉄地質調査所に技師として配属。 満州各地で地質資源の探査に貢献する。 1947年に日本へ帰国。 1950年、国立科学博物館地学課長。 1959年 東京教育大学理...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オザキ ヒロシ
人物別名 尾崎博
生年 1907年
没年 -
職業・経歴等 地質学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
恐竜の時代 : 大むかしの地球 尾崎博 著 ポプラ社
1976.1
化石は語る : 日本列島のおいたち 尾崎博 著 小峰書店
1975
失われた日本の生物 - 講談社
1974
化石を探る : 動物の生きた細く長い道 尾崎博 著 日本放送出版協会
1973
なぜなに学習図鑑 - 小学館
昭和47
先史時代の洞窟人 サム・エプシュタイン 等著 ; 尾崎博 訳 ; 清水勝 等絵 講談社
昭和46
なぜなに学習図鑑 - 小学館
昭和46
なぜなに学習図鑑 - 小学館
昭和46
なぜなに学習図鑑 - 小学館
昭和45
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想