萩原 恭次郎   (1899-1938)

萩原 恭次郎(はぎわら きょうじろう、1899年(明治32年)5月23日 - 1938年(昭和13年)11月22日)は、大正・昭和時代の詩人。 大正末期の芸術革命の先頭に立ち、はじめはダダイストとして活動したが、のちアナーキズム運動に傾倒。 若くしてこの世を去った。 詩集『死刑宣告』、詩篇「もうろくずきん」「亜細亜に巨人あり」などの作品で知られる。 [略歴] 1899年 群馬県勢多郡南橘村(現前橋市)生まれ。 1916年 萩原朔太郎との交友が始まる。 1918年 前橋中学校卒業。 川路柳虹の『現代詩歌』に参加。 1920年 群馬銀行入行。 詩話会会員になる 1922年 群馬銀行を退行し上京。...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハギワラ キョウジロウ
人物別名 萩原恭次郎
生年 1899年
没年 1938年
職業・経歴等 詩人

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
死刑宣告 萩原恭次郎 著 日本図書センター
2004.3
最初の衝撃 大杉栄 ほか著 学芸書林
2002.9
群馬文学全集 伊藤信吉 監修 群馬県立土屋文明記念文学館
1999.6
萩原恭次郎の世界 伊藤信吉, 川浦三四郎編 煥乎堂
1987.6
アメリカプロレタリヤ詩集 小野十三郎, 萩原恭次郎, 草野心平共譯 戦旗復刻版刊行会
1983.6
萩原恭次郎全集 秋山清 ほか編集 静地社
1982.10
死刑宣告 萩原恭次郎著 日本近代文学館
1981
萩原恭次郎全集 秋山清 ほか編集 静地社
1980.10
萩原恭次郎全集 秋山清 ほか編集 静地社
1980.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想