萩原 宏   (1926-2014)

萩原 宏(はぎはら ひろし、1926年6月27日 - 2014年1月8日)は、日本の工学者、京都情報大学院大学の初代学長である。 [略歴] 京都大学工学部卒、工学博士(京都大学、1959年) 社団法人情報処理学会会長 日本学術会議会員 京都大学教授 龍谷大学教授 学校法人京都情報学園理事 2004年 京都情報大学院大学学長(初代) 2008年 京都情報大学院大学名誉学長 [主要な研究論文] "相関函数測定における遅延時間の揺ぎと雑御中の周期信号の検出”,NHK技術研究,1956. "機器の信頼度について”,電気評論,1958. "マイクロプログラミングと固定記憶装置”,情報処理,1964....

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハギワラ ヒロシ
人物別名 萩原宏
生年 1926年
没年 2014年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
現代電子計算機 萩原宏, 黒住祥祐 共著 オーム社
1991.3
並列処理シリーズ 萩原宏 [ほか] 編 コロナ社
1991.4-
階層型並列処理方式による高速3次元図形処理システムの開発 萩原宏研究代表 萩原宏
1989.3
現代オペレーティングシステムの基礎 萩原宏 [ほか]共著 オーム社
1988.8
現代データ構造とプログラム技法 萩原宏, 西原清一 共著 オーム社
1987.10
木構造データのリダクション・モデルに基づく論理プログラムの高度並列処理方式の研究 研究代表者 萩原宏 萩原宏
1986.3
現代システムプログラムの基礎 萩原宏, 有山正孝 編著 オーム社
1984.5
情報工学ハードウェア実験 萩原宏 編 オーム社
1983.9
現代プログラミング言語の基礎 萩原宏 [ほか]共著 オーム社
1983.11
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想