大塚 敬節   (1900-1980)

大塚 敬節(おおつか けいせつ、おおつか よしのり明治33年(1900年)2月25日-昭和55年(1980年)10月15日)とは、昭和期の漢方復権に尽力した代表的な日本の医師。 東洋医学の発展に貢献した業績により1978年に日本医師会より最高優功賞を日本で初めて受賞。 号は敬節(けいせつ)。 [高知・熊本時代] 大塚敬節は、明治33年(1900年)2月25日、高知県高知市に生まれる。 大塚家は、同市追手筋1番地の産婦人科・大塚修琴堂医院であり、曽祖父の希斎、その養子(希斎の兄の子)で祖父の恭斎、父の恵遮とも医師であった。 敬節は、西洋医学が嫌いであったため、中学卒業後はじめは医師を目指さず、...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオツカ ヨシノリ
人物別名 大塚敬節
生年 1900年
没年 1980年
職業・経歴等 医師

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
近世漢方医学書集成 大塚敬節, 矢数道明 責任編集 ; 山田光胤, 寺師睦宗, 大塚恭男, 矢数圭堂, 松田邦夫 編 名著
2016
皇漢医学要訣 大塚敬節 纂著 たにぐち書店
2011.3
近世漢方医学書集成 大塚敬節, 矢数道明 責任編集 名著
2011.6
近世漢方医学書集成 大塚敬節, 矢数道明 責任編集 名著
2011.6
傷寒雑病論要方解説 大塚敬節 述 たにぐち書店
2009.7
近世漢方医学書集成 大塚敬節, 矢数道明 責任編集 名著
2009.10
薬徴 吉益東洞 著 ; 大塚敬節 校注 たにぐち書店
2007.6
近世漢方医学書集成 大塚敬節, 矢数道明 責任編集 名著
2004.4(第3刷)
近世漢方医学書集成 大塚敬節, 矢数道明 責任編集 名著
2004.4(第3刷)
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想