大塚 仁   (1923-)

大塚 仁(おおつか ひとし、1923年7月21日 - )は、日本の法学者。 名古屋大学名誉教授。 専攻は刑法。 法学博士(東京大学、1962年)(学位論文「間接正犯の研究」)。 群馬県勢多郡桂萱村(現・前橋市)生まれ。 民法・環境法学者の大塚直(早稲田大教授)は息子。 [人物] 福田平と共に団藤重光の指導を受ける(指導教授であった小野清一郎が公職追放となったための措置であり、もとは団藤の弟子でなかった)。 同い年の福田平とはその後も深い親交を保った。 また、福田とともに長く司法試験委員を務め、その著書は司法試験の基本書とされた。 [学説] 学界においては、団藤が第一線を退き、藤木英雄亡き後...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオツカ ヒトシ
人物別名 大塚仁
生年 1923年
没年 -
職業・経歴等 法学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
大コンメンタール刑法 大塚仁 [ほか] 編 青林書院
2021.3
大コンメンタール刑法 大塚仁, 河上和雄, 中山善房, 古田佑紀 編 青林書院
2016.8
講演私の刑法学 大塚仁 著 青林書院
2015.1
大コンメンタール刑法 大塚仁, 河上和雄, 中山善房, 古田佑紀 編 青林書院
2015.7
大コンメンタール刑法 大塚仁, 河上和雄, 中山善房, 古田佑紀 編 青林書院
2015.9
大コンメンタール刑法 大塚仁, 河上和雄, 中山善房, 古田佑紀 編 青林書院
2015.12
大コンメンタール刑法 大塚仁, 河上和雄, 中山善房, 古田佑紀 編 青林書院
2014.5
大コンメンタール刑法 大塚仁, 河上和雄, 中山善房, 古田佑紀 編 青林書院
2014.6
大コンメンタール刑法 大塚仁, 河上和雄, 中山善房, 古田佑紀 編 青林書院
2014.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想