大津 真作   (1945-)

大津 眞作(おおつ しんさく、1945年 - )は、日本の哲学研究者、甲南大学教授。 大阪府生まれ。 1971年、名古屋大学理学部物理学科卒。 1975年、東京都立大学仏文学科博士課程中退。 福島大学経済学部助教授、甲南大学助教授、教授。 西欧社会思想史専攻。 [著書] 『啓蒙主義の辺境への旅』世界思想社 1986 『市民社会思想史 1 (マキアヴェッリからスピノザまで)』高文堂出版社 1996 『市民社会思想史 2 (絶対主義のフランス)』高文堂出版社 1997 『理性と愛 スピノザの思想』高文堂出版社 2004 市民社会思想史 『倫理の大転換 スピノザ思想を梃子として』行路社 2012...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオツ シンサク
人物別名 大津真作

大津, 眞作
生年 1945年
没年 -
職業・経歴等 哲学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
スピノザと動物たち アリエル・シュアミ, アリア・ダヴァル 著 ; 大津真作 訳 法政大学出版局
2017.12
異端思想の500年 大津真作 著 京都大学学術出版会
2016.1
反マキアヴェッリ論 フリードリヒ2世 著 ; 大津真作 監訳 京都大学学術出版会
2016.8
両インド史 ギヨーム=トマ・レーナル 著 ; 大津真作 訳 法政大学出版局
2015.9
市民法理論 シモン・ランゲ 著 ; 大津真作 訳 京都大学学術出版会
2013.1
反グローバリゼーションの声 カルロス・エステベス, カルロス・タイボ 編著 ; 大津真作 訳 晃洋書房
2013.11
思考の自由とはなにか 大津眞作 著 晃洋書房
2012.11
倫理の大転換 大津真作 著 行路社
2012.4
両インド史 ギヨーム=トマ・レーナル 著 ; 大津真作 訳 法政大学出版局
2011.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想