大伴 茂   (1892-1971)

大伴茂(おおとも しげる、1892年 - 1971年3月29日)は、心理学者、日本史研究家。 シカゴ大学でジャン・ピアジェに学び、Ph.D取得、1924年帰国、大阪に野村教育研究所を設立(のち大阪教育研究所、大伴教育研究所)、1948年関西学院大学教授、53年「日本天才児に関する実験的研究」で関西学院大文学博士。 62年定年、甲南女子大学教授。 大伴教育研究所所長・理事長。 子は帝塚山短期大学学長を務めた大伴公馬(1931-2002)。 [著書] 『知能の本質』同文館、1926 『教育科学の諸問題 測定・実験・診断』東洋図書、1927 『教育測定の原理と方法』培風館、1931 『職業指導学』...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオトモ シゲル
人物別名 大伴茂
生年 1892年
没年 1971年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本の子ども研究 : 明治・大正・昭和 大泉溥 編・解説 クレス
2009.4
現代日本児童問題文献選集 児童問題史研究会 監修 日本図書センター
2002.7
性教育研究基本文献集 [大伴茂著] 大空社
1991.10
幼児心理学 ジャン・ピアジェ 著 ; 大伴茂 訳 黎明書房
1988.11
幼児心理学 ジャン・ピアジェ 著 ; 大伴茂 訳 黎明書房
1988.11
幼児心理学 ジャン・ピアジェ 著 ; 大伴茂 訳 黎明書房
1988.11
児童心身健康の調査と指導 大伴茂著 日本図書センター
1988.1
児童道徳判断の発達 Jean Piaget[著] ; 大伴茂訳 同文書院
1977.5
幼児心理学入門 大伴茂著 同文書院
1974
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想