松島 綱治   (1952-)

松島 綱治(まつしま こうじ、1952年4月29日 - )は、日本の医学研究者。 東京大学医学部・大学院医学系研究科分子予防医学教授。 専門は免疫学。 ケモカインのプロトタイプであるinterleukin-8(CXCL8)とMCAF/MCP-1(CCL2)の発見者。 [来歴・人物] 昭和27年4月29日 富山県高岡市に生まれる。 昭和45年3月 富山県立高岡高等学校卒業。 昭和53年3月 金沢大学医学部卒業。 昭和57年3月 金沢大学大学院医学研究科修了(分子免疫学)、医学博士号取得、金沢大学がん研究所研究生。 昭和57年−昭和58年 アメリカ国立衛生研究所 Visiting Fellow ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マツシマ コウジ
人物別名 松島綱治
生年 1952年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
もっとよくわかる!炎症と疾患 : あらゆる疾患の基盤病態から治療薬までを理解する 松島綱治 [ほか] 著 羊土社
2019.6
ヒトの免疫学 : 基本から疾患理解につなげる Matthew Helbert著 ; 松島綱治, 山田幸宏訳 エルゼビア・ジャパン
南江堂
2019.6
基礎免疫学 Abul K.Abbas, Andrew H.Lichtman, Shiv Pillai 原著 ; 松島綱治, 山田幸宏 訳 エルゼビア・ジャパン
2016.12
基礎免疫学 ABUL K.ABBAS, ANDREW H.LICHTMAN, SHIV PILLAI 原著 ; 松島綱治, 山田幸宏 訳 エルゼビア・ジャパン
2014.9
炎症 : 全体像を知り慢性疾患を制御する : 炎症シグナル, 免疫細胞のダイナミズムからがん・糖尿病などの発症機序と治療標的まで 松島綱治編集 羊土社
2014.11
分子細胞免疫学 Abul K.Abbas, Andrew H.Lichtman, Shiv Pillai 原著 ; 松島綱治, 山田幸宏 監訳 エルゼビア・ジャパン
2014.11
炎症・再生医学事典 松島綱治, 西脇徹 編 朝倉書店
2009.6
LPS受容体融合タンパクを用いたグラム陰性桿菌敗血症の治療法に関する基礎的研究 研究代表者 刈間理介 刈間理介
2009.3
分子細胞免疫学 Abul K.Abbas, Andrew H.Lichtman 原著 ; 松島綱治, 山田幸宏 監訳 エルゼビア・ジャパン
2008.7
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想