大手 拓次   (1887-1934)

群馬県碓氷郡西上磯部村生まれ。1912(明治45)年、北原白秋主宰「朱欒(ザンボア)」12月号に『藍色の蟇』『慰安』を吉川惣一郎の名で発表。萩原朔太郎などに影響を与える。生活のためサラリーマン生活を送るが、その間もひたすら詩作に没頭した。1934(昭和9)年4月18日、結核にて死去。Wikipedia「大手拓次

「青空文庫」より

大手 拓次(おおて たくじ、1887年11月3日〔ただし戸籍では12月3日〕 - 1934年4月18日)は、日本の詩人。 [人物] 群馬県碓氷郡西上磯部村(現安中市)、磯部温泉の温泉旅館・蓬莱館の家に生まれる。 同県の安中中学校、高崎中学校、早稲田大学第三高等予科を経て、1907年9月、早稲田大学文学部英文科に入学。 この頃より詩を発表しはじめた。 1912年卒業。 卒論は「私の象徴詩論」。 卒業後しばらくは、詩作のほかこれといった仕事をせず、貧窮に甘んじていたが、1916年にライオン歯磨本舗に就職。 以後、生涯をサラリーマンと詩人の二重生活に捧げた。 学生時代以来の左耳難聴や頭痛に悩まされ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオテ タクジ
人物別名 大手拓次
生年 1887年
没年 1934年
職業・経歴等 詩人

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
少年愛文学選 折口信夫, 稲垣足穂ほか著 ; 高原英理編 平凡社
2021.4
木下牧子をうたう - ナミ・レコード
ライヴノーツ
2018, p2018
あるがままに 鵜﨑庚一 作曲 河合楽器製作所出版部
2014.2
みづいろの風よ : 女声合唱曲集 鵜﨑庚一 作曲 河合楽器製作所出版部
2012.9
三つの祈り : 女声合唱とピアノのために 古谷誠一作曲 ; 大岡信, 室生犀星, 大手拓次, 立原道造作詩 マザーアース
2011.5
わらひのひらめき : 無伴奏混声合唱組曲 北川昇作曲 ; 大手拓次作詩 河合楽器製作所出版部
2011.1
高田三郎の歌曲 ; 清水脩の歌曲 ; 山田一雄の歌曲 - ファウエム
c2011
3つの詩 市川景之作曲 ; 大手拓次作詩 マザーアース
2010.9
落葉のように : 混声合唱とピアノの為の 喜納政一郎 作曲 ; 大手拓次 作詞 マザーアース
2010.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想