大谷 光瑞   (1876-1948)

京都生まれ。宗教家。10歳で得度、幼名峻麿、法名鏡如、諱光瑞。明治36年(1903)父光尊の死により浄土真宗本願寺派本願寺(西)22世門主となる。明治35年(1902)から大正2年(1913)にかけて3次の中央アジア探検隊を派遣。敦煌、トルファン、ローラン、チベットなどを探検し、収集品の整理研究のほか著述、講演、教育、印刷などの事業に力を注いだ。14年(1925)門主を辞す。太平洋戦争中には内閣顧問などを努めた。夫人は貞明皇后の姉、歌人の九条武子は実妹。

「近代日本人の肖像」より

大谷 光瑞(おおたに こうずい、1876年(明治9年)12月27日 - 1948年(昭和23年)10月5日)は日本の宗教家。 探検家。 明治時代から昭和時代までの浄土真宗本願寺派第22世法主。 伯爵。 諱は光瑞。 法名は鏡如上人。 院号は信英院。 [経歴] 第21世法主大谷光尊(明如上人)の長男として誕生。 幼名は峻麿。 弟に真宗木辺派の本山錦織寺第20代法主となる木辺孝慈がいる。 大正天皇の皇后貞明皇后の姉九条籌子(かずこ)と結婚。 1885年9歳で得度。 翌1886年、上京して学習院に入学するが退学。 その後、尺振八の開いた共立学舎(当時受験校で知られていた共立学校とは別)という英学校に...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオタニ コウズイ
人物別名 大谷光瑞
生年 1876年
没年 1948年
職業・経歴等 宗教家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
「孫子」叢書 湯浅邦弘 監修 大空社
2014.2
シルクロード探検 : 大谷探検隊 大谷光瑞 ほか著 ; 長澤和俊 編 白水社
1998.10
観光都市建設私案 : 鏡如上人五十回忌法要記念 大谷光瑞 述 ; 大谷記念館 編 大谷記念館
1997.10
大谷光瑞氏寄託經巻目録 小田義久,中田篤郎共編 竜谷大学仏教文化研究所
1989.9
臺灣省臺灣島之現在 大谷光瑞撰 成文出版社
1985.3
大谷光瑞 著 ; 薄井恭一 編訳 春秋社
1983.9
大谷光瑞著 柴田書店
1982.5
大谷光瑞全集 - 国書刊行会
1977.6
南アジア連絡鉄道計画 大谷光瑞 案 南洋経済研究所
昭和19
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想