喜入 克   (1963-)

喜入 克(きいれ かつみ、1963年 - )は、東京都生まれの東京都都立高等学校教諭(国語)。 立命館大学文学部卒。 1988年から都立高校の教師となる。 都立東村山高等学校の時、ハンドボールの顧問をしていた。 「プロ教師の会」(埼玉教育塾)の会員。 管理教育を受容出来ない人間を「自己中心的」と考え、この類の生徒が授業に集中出来ない状態は今の無秩序化された社会を象徴していると主張する。 [著書] 「高校が崩壊する」(革思社 1999年) 「それでもまだ生徒を教育できるのか?」(洋泉社 2002年) 「教育改革」は改革か(PHP研究所) 「叱らない教師、逃げる生徒―この先にニートが待っている」...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キイレ カツミ
人物別名 喜入克
生年 1963年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
教師の仕事がブラック化する本当の理由 喜入克著 草思社
2021.1
高校の現実 : 生徒指導の現場から 喜入克 著 草思社
2007.3
叱らない教師、逃げる生徒 : この先にニートが待っている 喜入克 著 扶桑社
2005.5
誰が高校を殺すのか 喜入克 著 PHP研究所
2002.3
高校が崩壊する 喜入克 著 草思社
1999.10
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想